女の人

30代におすすめの化粧品はたくさんある│厳選して選ぼう

化粧品も科学する時代

コスメティック

ビーグレンは最新の科学テクノロジーを基に開発されたコスメで、特徴はその浸透力の高さです。皮膚の奥深くまで届き、働きかけることで肌を美しくしていきます。そんなビーグレンですが、購入時には自分に合ったシリーズを選ぶようにしましょう。お試しセットが出ていますので、それを上手に利用するのがおすすめです。

詳しくはこちら

保湿力を上げるには

化粧品

普段のスキンケアを見直すだけで、乾燥肌が治ることがあります。洗顔やクレンジングによる負担、スキンケアのしすぎは乾燥肌のよくある原因です。化粧水と乳液が一つになったオールインワンで最小限のスキンケアをすれば、肌の保湿力が向上します。

詳しくはこちら

肌に差をつける年代

ウーマン

ハリやたるみが出やすい

女性の肌は、20代のうちは少々徹夜をしたり、不摂生な生活をしていても、すぐに肌の状態が回復しやすい時期でした。しかし、30代になると一転、少しストレスが溜まったりするだけで、肌の状態が一気に低下します。また、キメが乱れたり、ハリが無くなってくるようになります。その結果、毛穴が目立ったり、ほうれい線やシワが目立ちやすくなるのが30代です。そこで、30代ではこれまでの化粧品を見直すことをおすすめしています。化粧品は毎日使用する大事なアイテムです。おすすめしているのは、コラーゲンやヒアルロン酸が多く入った化粧品です。肌の内側に深く浸透し、内側からふっくらとした肌を作り上げることで、シワやたるみを改善します。

保湿もしっかりと

ヒアルロン酸やコラーゲンがたくさん入った化粧品を選ぶ際に、大切なことが2つあります。1つは、ビタミンC誘導体が一緒に配合されているかです。このビタミンC誘導体が入っていると、コラーゲンなどが肌に浸透しやすくなります。効果も大きくなりますので、化粧品選びの時の参考にすると良いです。またもう1つには、保湿専用の化粧品を併用するのがおすすめです。いくら肌に有効的な成分が入った化粧品を使用しても、そのままだと肌から蒸発しやすくなってしまいます。そこで、水分が蒸発しないように、保湿乳液やクリームを使って蓋をするのかおすすめです。30代は、肌トラブルや悩みが急激に増える年代です。それぞれの悩みに合った化粧品を考え、時には思いきってガラリと化粧品を変えてしまうのも手です。

肌を乾燥から守ろう

女性

乾燥肌には蒸しタオルによるスキンケア・サプリ・保湿クリームなど、多くの対策法があります。一口に乾燥肌といっても、人によって症状は様々で、対策方法も変わってきます。食事改善やサプリによる体質改善や直接肌に潤いを与えるなど、自分に適した対策法で乾燥肌を治しましょう。

詳しくはこちら